【気になる火曜日】番外 2018/03/17

半年ぶりのこのコーナー。。往生際悪く性懲りもなく。


ここまでの間は、昨年12月から「女子サッカーがいつも見えるところに。」というサイトで、女子サッカーの記事を客観視点で採り上げることを試みていましたが、行き詰まりました笑。

今日は土曜日なんですが、まとめておきたいことが出てきたので、番外として書きます。


まずは。
mycujoo(マイクージュー)です!!
リーグ公式から発表がありましたが、今年のリーグ戦(カップ戦は決勝戦のみ)の試合のうち70試合が、mycujooというオランダ資本の動画配信会社から配信されることが決まりました。
リーグ公式と、いちばん発信の早かったフットボールゾーンウェブ(一部では悪名高いメディアのようですが、多少乱暴な手段をとっているとしても、女子サッカーへの注目度を維持するという点で、私は一概に悪くは思っていません)をあげておきます。
mycujooは、すでにリーグの開幕記者会見を配信していましたね。
どのように配信されるか、楽しみです。
mycujooのページには、もう第1節と、第2節の24日分までの配信予定がラインナップされています。第1節の新潟×長野戦、配信予定を自分のカレンダーに追加しちゃった♪

【記事】2018プレナスなでしこリーグ1部 LIVE配信決定のおしらせ(日本女子サッカーリーグ公式)2018/03/12 
http://www.nadeshikoleague.jp/news/2018/0312_1748.html
【記事】なでしこリーグ、ネット配信でブーム再来なるか 1部の約70試合がライブで視聴可能に(フットボールゾーンウェブ)2018/03/12 
https://www.football-zone.net/archives/94430
【記事】2018プレナスなでしこリーグ1部 LIVE配信予定試合のおしらせ(日本女子サッカーリーグ公式)2018/03/15 
http://www.nadeshikoleague.jp/news/2018/0315_1424.html
【動画】Japan Women's Football League(mycujoo)

長野の試合は、有り難いことに第8節まですべて配信予定です。


それと。
AC長野パルセイロも主催者である「米国大学留学生のセレクションキャンプ」のクラウドファンディング支援、無事に目標額達成、おめでとうございます。
この件は、支援募集が出た頃に、冒頭にあげた「女子サッカーがいつも見えるところに。」で採り上げてみました(2月7日)。サンディエゴゼストFCとの提携の可能性に関してもそこで触れたので、こちらでは割愛します。
ここのところ、サンディエゴゼストFC側がフライング気味に、見てすぐにパルセイロとの連携が明らかなエンブレムを発表したのを数日で取り下げるなどバタバタしていましたが、今日、信濃毎日新聞から記事が出ました。
サンディエゴゼストFCは、「サンディエゴ・パルセイロ・レディース」というチーム名でアメリカのリーグに参戦することになったそうです。意欲的な試みだと思っていたので、提携が無事に成立しそうで、よかったです。
20日にJリーグの理事会にかけられ、承認されれば正式に決定となるそうです。

【記事】「パルセイロ」名で米女子チーム参戦 AC長野運営会社提携(信濃毎日新聞)2018/03/17 
http://www.shinmai.co.jp/soccer/2018/03/post-2598.html


次に、海外との試合という観点で、2つ。
一つはリーグの開幕記者会見の後でスポニチが出した記事によるもので、なでしこリーグがスペインリーグと提携して、リーグ期間終了後の11月に、お互いの代表チーム(日本はリーグ選抜、スペインはリーグ選抜でなく優勝チームになる可能性があるとのこと)が親善試合を行う計画もあるとか。楽しみですね。

【記事】なでしこL スペイン女子Lとタッグ、11月に親善試合計画(スポニチ)2018/03/13 
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/03/13/kiji/20180312s00002000392000c.html

もう一つは、代表についての話で、日刊スポーツが出したものです。
FIFAによって、世界各国でトップの16チームにて国際大会を催す計画を発表する予定があるとのこと。
日刊スポーツが出元としたニューヨーク・タイムズの記事もあげておきます。
成立すれば、アルガルヴェ・カップやキプロス・カップ、シービリーブスカップ、4カ国トーナメントを凌ぐ大会になるかもしれないですね。

【記事】女子サッカー新大会提案へ 19年11月にも開催(日刊スポーツ)2018/03/17
【記事】FIFA Plans to Launch Women’s League(The New York Times)2018/03/15


日テレの岩清水梓選手の記事に、行き合いました。
岩清水選手は、真奈美さんと同じ年の生まれで、200試合出場達成の年も同じ、リーグの表彰式でご一緒でした。昨年の対日テレ戦のときに、試合前に数名で立ち話をされていたこともあって、代表選手として、あの、優勝したW杯の決勝戦のレッドカードで知ったばかりでなく、その個性的な様子からも印象のはっきりした人です。
インタビューでも、率直な印象がありますね。今回のもそうです。こういうふうに話をしてくれる人がいてよかったなって思える記事です。
掲載メディアは意外にも、ぐるなびの新百合ヶ丘と、ローカルな笑。でもサッカー関係者にお話を聞くというシリーズなんだそうです。記事のライターの森雅史さんというお名前のところをクリックすると、過去の記事が出てきます。インタビュー先はそうそうたる面々。。かつて宮間あや選手と一緒に「おはスタ」に出ていらしたトム・バイヤーさんも入っています。なでしこの選手では今回が初みたい。

【記事】いまだ消えない心の傷……W杯決勝、前半33分でベンチへ下がった岩清水梓には何が起こっていたのか(ぐるなび みんなのごはん)2018/03/15


真奈美さんと縁があるといえば、いま開催中の第29回全国レディースサッカー大会に、北信越代表として「FC.TON トノールドレディース」という石川県のチームが来ているのですが、その中に、中川千尋選手のお名前が。千尋さんは、真奈美さんと大原学園と湯郷のときにチームメイトだった方ですね。
あれは、いつかな、一昨年だ、千葉での試合後に、大原時代・湯郷時代の監督で現コノミヤ・スペランツァ大阪高槻の監督である種田佳織さんと(お目にかかった当時はJFAアカデミー堺にいらしたのかな)、一緒に千尋さんもいらして、久しぶりであんまり嬉しかったんでつい話しかけてしまいました(汗)。生活のメインがサッカーでいらっしゃるかどうかは分かりませんが、まだやっているのを伺うとやっぱり嬉しくなりますね。
また、広島FCレディースには、湯郷時代に真奈美さんのチームメイトだった保手濱理恵さんがキャプテンで参加なさっています。アンジュヴィオレ広島(今季チャレンジリーグWEST)から昨シーズンで退団なさっていたのですね。
他に目に止まったところでは三重のLegameというチームに、元伊賀の選手としてまだ記憶に新しい堤早希さんや那須麻衣子さん、そしてもはやレジェンドクラス?宮本ともみさんが監督兼選手で参加していらっしゃいます。

【大会】第29回全国レディースサッカー大会(JFA)2018/3/17~2018/3/19


最後です。
リーグ公式が出したもので、今年は「プレナスなでしこガールズサッカークリニック」というものが、リーグの1部のチームを主管として全国各地で開催されるそうです。
CYCLE(以前はサイクルスタイルと言ったかと思いますが、表示のとおりにします)というメディアによると、対象は15歳以下の女子で、第1回はINAC神戸レオネッサが担当。6月3日、リーグ第9節が行われるノエビアスタジアム神戸で開催予定です。年4回ほどのようで、2019年の予定も同様のようなので、長野にいつ順番が回ってくるかは分からないですね。

【記事】「プレナスなでしこガールズサッカークリニック」開催決定について(日本女子サッカーリーグ公式)2018/03/12 
http://www.nadeshikoleague.jp/news/2018/0312_1500.html
【記事】女子を対象にした「プレナスなでしこガールズサッカークリニック」開催(CYCLE やわらかスポーツ情報サイト)2018/03/13


そんなところで、また、何か書きとめておきたいことができたら、ここも使って更新します。


この記事へのコメント



過去ログ